うつ病は時間をかけてゆっくりと治していくことが大切です

うつ病にかかりやすい人

ドクター

精神的なもので、身体に異常が出てきたり、日常生活に影響を及ぼすことがあります。もしかすると自分はうつ病なのかもしれない、と心配になった時は一度セルフチェックを行なうといいでしょう。

もっと見る

女性に最も多いうつ病

医師と患者

男性よりも女性の方がうつにかかりやすいといわれています。ホルモンバランスの乱れや、環境の変化などが挙げられます。チェックポイントとして最近食欲が低下している、眠れないなどの症状があります。早めに心療内科などで診察を受けるといいでしょう。

もっと見る

家族がうつになったら

ウーマン

うつを患うと、心や身体が空っぽになったように感じます。他の病気と同じで、うつ病も十分な休養や、安心できる場所が必要になってきます。大切な家族に、うつ病ではないかと思う変化が感じられた時は、まずは声をかけ話を聞いてあげるといいでしょう。うつ病を患った人にとって、家族の理解は大変な支えになります。まずは話を聞き、それから専門家にアドバイスを求めるといいでしょう。まずは、うつ病は理解することが大切です。心の病気は、見た目では分かりません。他の病気と違って、手術を行なうものでもありません。はっきりと目でチェックできるような病気ではないので、家族がうつ病になったといっても、すぐに周りが対応することは難しいでしょう。しかし、時間をかけゆっくりと治していくことが重要なのがうつ病なのです。家族がそのことを理解し、支えることで助けになります。家族がうつ病を患っていると分かった時は、混乱するでしょう。しかし、うつ病を患った人の前では一番に自分が冷静であることが大切なのです。周りが落ち着きをなくし、オロオロとした姿を見せると、その不安はうつ病を患った人に伝染していきます。うつはとにかく悲観的になってしまう状態にあるので、家族の不安を感じると自分が家族に迷惑をかけていると、さらに深く落ち込んでしまう場合もあります。いつもと変わらない会話や、対応をすることでうつにたいして負担を掛けることが軽減されます。うつ病を患った家族の話を聞くのも大切です。うつ病を患った人は、悲観的な考えで頭がいっぱいになってしまいます。話の辻褄が合わなかったり、内容がめちゃくちゃだったりする場合もあるでしょう。しかし、それらを指摘せず、本人が伝えたいことを考え、静かに話を聞いてあげることが大切です。本人が話をすることで、悩みが何なのか、今何に対して不安を抱いているのかもチェックすることができます。目に見えない分、話を聞くことで原因がどこにあるのかチェックできます。家族がうつ病になった時は、励ましてあげたいと思うはずです。どうにか前向きに、元気になって欲しいと思い頑張ってね、早く治そうね、など前向きになるような言葉をかけてしまうこともあるでしょう。しかし、どんなに前向きな言葉だとしても、裏を返したような受け取り方をしてしまいます。こんなに頑張っているのに、まだ頑張りが足りないんだとさらに悲観的になってしまうこともあります。うつ病は様々な要因が重なることで発症する病気です。家族がうつ病を患ってしまっても、自分がきちんとチェックしておけば、気をつけておけばこの人はうつ病にならなかったのではないかと自分を責める必要はありません。うつ病を患う家族を支えることは大変なことですが、時間をかけることで少しずつ回復していく病気です。時間はかかりますが、大切な家族のためにも支える方も健康であることが大切なのです。

うつのサイン

メンズ

身体に様々な症状が現れることも、うつ病の特徴です。多くの人が内科へ診察を受けますが、異常がないと診断されることもあります。うつ状態か、身体に現れる症状をチェックしましょう。

もっと見る