うつ病は時間をかけてゆっくりと治していくことが大切です

うつのサイン

メンズ

心だけの問題だと思われがちなうつ病ですが、うつ病の症状は心と身体の両方に現れるものです。心の症状は目に見えませんが、身体の症状は心の症状よりもわかりやすいものです。しかし、うつ病や精神が不安定になることで、身体にも影響が出ているものと判断するのは難しいといわれています。身体に現れる症状も、1つではなく様々なものがあります。うつ病の症状として現れる身体のサインをチェックしましょう。まずは睡眠があります。身体は疲れているのになかなか寝付けない、眠れない日が続いている場合は入眠困難という症状です。朝目覚ましやアラームがなる前に早く目が覚めてしまうことは早朝覚醒といいます。さらに、突然夜中に何度も目が覚めてしまう途中覚醒や、寝ているはずなのに寝た気がしない、睡眠障害が挙げられます。睡眠だけでもこれだけの症状があります。思い当たる症状があればチェックしましょう。他にも、疲労感や倦怠感が挙げられます。身体がずっと重い状態が続いている、身体がだるく感じるなどです。食欲が急になくなった、何を食べても美味しいと感じられない場合もあります。食事を制限しているわけでもないのに、体重が一ヶ月で急に激減した、もしくは急激に増加する症状もあります。いつもと違う症状が現れる場合には注意が必要となります。その他の症状で、急に動悸がしたり、息苦しさを感じて上手く呼吸ができない、頭痛や関節の様々な部位の痛みなどがあります。一見うつ病とは関係のなさそうな症状もありますが、便秘や生理不順などもうつ病から来ている症状の場合があります。うつ病のチェックポイントとして、いくつか当てはまるものがあればもしかするとうつ病になりかけている可能性があります。身体に異常が現れる時に、多くの人が内科に受診するでしょう。最近なかなか寝付けない、頭痛がひどい、身体の疲れが取れないなど、その症状に合わせて受診しますが、うつ病の場合多くが原因不明と診断されたり、診察して異常なしといわれることが多いです。身体の痛みや異常は自分でしか感じることはできません。日常生活に影響が出る程のことで、内科を受診しても異常なしや原因不明と診断されては症状の解消につなげるのは難しくなってしまいます。内科に受診して、もしも異常がなかった場合は、心療内科を受診しましょう。うつ病から、身体に様々な症状が現れる原因はこころと身体がつながっていることが挙げられます。心配事があると胃が痛くなったり、緊張すると汗をかいたりするように、精神的に落ち込むことが続くと、神経やホルモンに影響を及ぼし、身体に症状として現れるのです。忙しいから疲れているだけだと、身体に現れる症状をそのままにせず、自分の心や身体が今健康であるかチェックすることが大切なのです。